FF-scholar 元渓流魚の研究者によるヘタクソFFblogです。

夢の阿寒湖!!

阿寒湖のモンカゲ・・・
今回初めて、10年前から憧れていた夢のフィールドを訪れることが出来ました。

上司と共に釧路空港に降り立つと、まずはエゾシカのお出迎えw
e0212759_21342452.jpg




まずはさっさとチェックインを済ませ、
上司が知り合いからお誘いを受けたボートフィッシング(ガイド付き)に同行!!
e0212759_21364167.jpg


正直、阿寒湖でボートフィッシング??なんて思ってましたが、正直びっくり!!
北海道仕様のスティミュレーター#8をハイフロート状態でぽっかり浮かべていると・・・
e0212759_21403066.jpg

小振りではありましたが、早々に阿寒湖アメマスにご対面できちゃいました!!

この日(というか今回の釣行を通じて)あまり状況は良く無かったのですが、
それでもポツポツ反応があり、終わってみると午後だけで20ヒットの9キャッチ!!
e0212759_21451037.jpg

写真はほとんど撮りませんでしたが、MAXだったコイツは55cmくらいはあったかと。

ということで、大満足のうちに初日は終了。


2日目は、ショアから岸際の居着やライズを狙う、やや渓流っぽい趣きを持ったスタイル。
e0212759_21495344.jpg

この日は割と暖かく、ハッチやライズが期待できるかな〜と思っていましたが、いずれも散発。
昼までに1回反応があったのみ。葦際に渋い定点ライズでしたが、痛恨のアワセミス・・・

で、午後にポイント移動してみると、運良くライズを発見!
中にはかなりいいサイズのアメマスがヘッド&テールでライズしており・・・
焦る気持ちを抑えて状況確認すると、周囲にはケバエ、カディス、ビートルが多く確認できました。
ただ、風が吹いて水面が荒れた時のみライズしていたのが確認できたので、
ハッチは皆無ながらも、岸際に多く漂っていたモンカゲスピナーを選択することに。
で、、、
e0212759_2223249.jpg

ニジマス39cm!!
何でも阿寒湖ではアメマスよりニジマスを釣る方が難しいらしく、同行の道民から羨ましがられ・・・
ちょっと複雑な気分でしたが、とりあえずの1尾に満足満足!!

その後、同じポイントの岸際20cmくらいのカバー下で小さなライズを発見。
#6/7のスイッチロッドでしたが、渓流で培ったサイドキャストで出来る限り奥にフライを落とし、
後は風が吹いた時に、フライ先行で奥に流れていくようライン操作していくと、
フライがライズポイントに達した瞬間、スッっとフライが水面下へ吸い込まれました!!
ゆっくり合わせると手元にずっしりと重みを感じ、、、
e0212759_22131028.jpg

粘り強いファイトを見せてくれた44cm。
サイズこそは阿寒湖のアベレージですが、自分にとって忘れられない、最高の1尾になりました☆

その後のイブニングは、大規模なスピナーフォールを期待しましたが、
全くパッとしないまま次のキャッチも出来ず、2日目終了。


最終日は悪いと言われる北風が強く、いい波が立っているものの、周囲も全く釣れていない様子。
e0212759_2226948.jpg

で、そわそわしてしまったあげく、、、
e0212759_2227175.jpg

阿寒川と空港近くの渓を覗いて、警戒心を知らない無邪気なヤマメに遊んでもらいました。


次回北海道に来る時は、阿寒以外の場所にも行ってみたいですね〜と語りつつ、
初の阿寒湖釣行〆としました。
by takeiwana | 2012-06-26 22:32 | Lake | Comments(0)