人気ブログランキング |

FF-scholar 元渓流魚の研究者によるヘタクソFFblogです。

秋を探しに

台風が過ぎ去った後、
一旦過ごしやすい日和になりましたが、週後半から再び蒸し暑さが戻り・・・
そこで、涼と秋を求めて、千曲水系へ。。。
e0212759_2122314.jpg




前日は終電近くまで飲んでいた為いつもより出発時間を遅らせ、現地着は12時少し前。。
やはり川沿いの所々に車が止まっていますし、
釣りを終えて下山途中と思われる他県ナンバーの車とすれ違ったりと、厳しい状況が予測できました。
そんな中、とりあえず車の停まっていない入渓場所を発見し、そこから始めることに。。
e0212759_21145080.jpg

本流は濁りが入っていましたが、支流は幾分水量が多い程度で濁りも無く、十分釣りになるレベル。

しばらく釣り上がりますが、ハイプレッシャーなのか魚影が薄いのか、全く反応がありません。
いい加減集中力が切れて来た頃、落ち込みの手前に水深のある瀬とカタがあるポイントに差し掛かりました。

そこはこの渓の中では珍しく頭上が開けており、余裕のあるキャストができそうでしたので、
逆U字にリーダーを落とし、上流側に緩いドラッグをかけながらフライをドリフトすると、、
明らかに尺はありそうなイワナがゆっくりと浮上!!!
しかし、フライを銜えたのをしっかり確認してからアワセたつもりでしたが、何と痛恨のすっぽ抜け・・・

魚の出方や場所から考えると、どうやらこの区間に先行者は居なく、
しかしハイプレッシャーで私の腕では太刀打ちできなかったようです。。。(涙)

さてこの後、軽井沢のイブニングを考えていましたが、
千曲本流の増水&濁りを考えると、軽井沢でも各ダムが放水量を増やしていることが想像でき・・・
そこで、せっかく買った南佐久南部の釣り券を生かすことにしました。。
e0212759_21503528.jpg

初めての相木川です。やはり人気河川、ここも至る所に釣り人がいましたね。。

釣り上がるとすぐに当歳ヤマメが。しかし後が続きません。
そこでフライロスト連発を覚悟で、シビアなポイント狙いに変更。。
4つくらい(笑)ロストした後、対岸のブッシュの奥の奥、フライが引っかからなければ奇跡のような流れから、
e0212759_2205155.jpg

8寸強ですが、とりあえずキャッチ出来て一安心です。

その後、イブニングに近づくにつれて徐々に水面への反応が良くなってきました。
e0212759_223582.jpg

e0212759_2232211.jpg

e0212759_2233534.jpg

写真でも判りますが、どの魚体にもうっすらと朱点があり・・・
後日調べてみましたが、以前ヤマメに混じってアマゴの放流がされたことがあったそうで、
近年釣れる朱点有りの魚は当時の遺伝子を引き継いだ自然繁殖個体なんだとか。
釣り人が多い渓で自然繁殖魚が釣れるというのは喜ばしいことですが、
千曲でアマゴというのは何とも複雑な心境でした。。。
とは言え、釣りやすい渓相で魚も綺麗だったので、満足ですが(笑)


中秋の名月の一歩手前。秋の千曲を楽しむことができました。
e0212759_2224555.jpg

by takeiwana | 2011-09-11 22:29 | Stream