人気ブログランキング |

FF-scholar 元渓流魚の研究者によるヘタクソFFblogです。

梅雨の晴れ間

先週の土日は台風だったので、出撃は断念。
しかし、テレメータで水位を確認していると、夕方までは増水しなかった模様。
行けば良かった後悔と同時に、この2週間ウズウズしっぱなし・・・笑

こんな時に渋〜いライズとじっくり対峙できるほどMでもないので、
今回は純粋無垢な魚に会いに、お気に入りのイワナの渓へ。
e0212759_2264252.jpg





前回と比べるとやや増水していましたが、濁りは一切無く、状況は良さそう。
ですが、前回好調だった#14ミドリカワゲラでは今イチ反応が良くありません。
普段は一発で飛び出すポイントでも、少なくとも2〜3回、30秒近く浮かべてやっと反応がある程度です。
e0212759_2221699.jpg

こういう時は、ボリュームのある半沈タイプのフライが良いかと考え、フライボックスを開くと、
偶然、今月号のFF誌を見て1本だけ巻いてみたグリーンキャタピラが。。。
そういえば昨年この渓でイワナのストマックを見た時、
黄〜黄緑のワームがびっしり!という経験があったことを思い出し、試し程度でこれを結ぶことに。
すると、、、
e0212759_22275741.jpg

e0212759_222903.jpg

e0212759_23251538.jpg

一気に絶好調に!もうテレストリアルの季節なんですね〜
また、今回レベルの増水=水面の餌は見つけにくい=大型の半沈タイプがベター、ということが学べました。
しかし、その後唯一のグリーンキャタピラを枝に絡ませ痛恨のロスト・・・
以降はカワゲラのロングドリフト&アント#15の使い分けで、最終的には20尾超え。
ただサイズは24cm止まりでした・・

3時頃にはいくつかの砂防や滝を超え、かなり上流部まで来ていました。
イブニングも前回と同じく因縁の渓リベンジとしたかったので、車止めまで戻ることに。
途中、川面よりやや高い位置にある獣道を歩いているとき、ふと先ほど釣り上がった淵を見てみると・・・
e0212759_22425750.jpg

わかります?特大サイズのカモシカさん登場(笑)
相手がシカですから、例え鉢合わせしても一目散に逃げ出すのは間違いなくあちらさんです。
が、相当なサイズのコイツとの遭遇はやはり怖いので、爆竹を鳴らして退散して頂きました。

こんな事件もあり、ちょっとドキドキしつつも、リベンジの地へ。。。
e0212759_2249630.jpg

まだイブニングにはちょっと早かったので、瀬を叩いてみることに。
すると、やはり相性の悪い渓だけに、短時間で2すっぽ抜けの1バラシ。
特に1バラシは確実にヤマメで、freestone#3をバットから曲げるほど強烈な引きでしたが、
早瀬に入られると同時に激しいローリング、マズいと思いラインを緩めたものの、時すでに遅し・・・
今期で一番悔しいかも。。。。

気を取り直して渓を眺めていると、薄暗くなって来た頃,葦際で小さなライズを発見。
フライ先行で丁寧に流すと・・・!
e0212759_22594092.jpg

ヤマメが釣りたくてここに来ているんですが・・・(笑)
でも実は,この渓でドライで釣れたのは初です!

この日は時間的に、結局この1尾で終了。
相性の悪いこの渓において、今回のイワナの存在は大きな前進ではありますが、、、
通称「砲弾ヤマメ」に会えるまでは、リベンジは続きます!
by takeiwana | 2011-06-05 23:12 | Stream