FF-scholar 元渓流魚の研究者によるヘタクソFFblogです。

15年北海道釣行!

今年はお盆期間より早めに夏休みを取得し…
e0212759_20222660.jpg

実家への帰省を兼ねた北海道釣行に行っちゃいました!


(※以下長文注意)





【アメマス編】
初日は、昨年も訪れたアメマス(エゾイワナ)の渓へ!
e0212759_20255519.jpg

この日は諸々の都合から、釣りが出来るのは正味3時間ほど。事前に計画していた入渓点から釣り上がると、
e0212759_20283433.jpg

すぐにアメマスをキャッチ。幸先よいスタートだったのですが、その後は何故か、ドライへの反応はイマイチ…昨年ヨンマルをキャッチした1級ポイントも沈黙だったので、探りを入れる目的も兼ねてニンフにチェンジしてみると…、
e0212759_20343569.jpg

e0212759_2035554.jpg

e0212759_20362166.jpg

30〜37cmくらいが入れ食いに近い状態に!それでも、ヨンマルは姿を見せてくれませんでしたし、やっぱりドライで釣りたい気持ちが勝ってきました。
で、しばらく釣り上がったところで、プールの中心で小さめのライズを発見…!射程距離ギリギリまでストークングしてキャスト、ティペットを逆U字型に落として、フライ先行で流してみると……
e0212759_20455618.jpg

e0212759_20474326.jpg

39cm…!ヨンマルには届きませんでしたが、狙い通りに出てくれたので、もう大満足でした!
e0212759_2048414.jpg

帰りの林道歩きは、ちょっと怖かったですが…w


【ニジマス編】
翌日は、デカニジを求めてエリア移動!
e0212759_2051197.jpg

本当は北の大本流で釣ってみたかったのですが、8月上旬の大雨の影響で泥濁り状態……そこで、保険として考えていた中規模河川へと赴いてみました。
盛夏ということもあって、水温の上がりやすい下流域はあまり期待していなかったのですが、朝のうちは事前に目星を付けていたポイントを順々に巡っていくことに。すると、予想外にも早々に…
e0212759_2059158.jpg

39cmをキャッチ!アメマスと同サイズでしたが、やっぱりニジマスの引きは強かったです!

その後、3カ所目のポイントで。
ここは車ですぐそばまで行けるので、あまり期待をしていなかったのですが……フライのスイングが終わる間際のタイミングで、突然手元のラインに「ドスン!!!」という衝撃が…!
e0212759_2134212.jpg

一気にバッキングまで出されると同時に、数10m下流で激しいジャンプの連続…!!!もう無我夢中で、ただただ「バレるなよ、バレるなよ…」と願いつつ、、、
e0212759_21124072.jpg

e0212759_2113669.jpg

e0212759_22133844.jpg

51cm…ようやく、目標だった北のゴーマルに出会うことができちゃったのでした!!

これはこれで大満足ではあるのですが、実は非常に悔しい出来事も。
移動中、とある橋から水面の見下ろしてみると、
e0212759_21222384.jpg

何と、推定ロクマルが悠々と定位してます…!!!速攻で川に降り立ちw、ビックドライを流し込みますが反応がありません。そこで、ニンフにチェンジすべく3Xフロロのティペットに交換し、結束部をよーく確認して1投目……、何と一発でヒット!
Scottの固い#4ロッドをひん曲げながら下流へ向かって先ほど以上の猛ダッシュ!経験の浅い私には、これを止めることは出来ず、リーダー部分が岩に擦られ……。ラインブレイクはあっけないものでした…。
e0212759_2144498.jpg

しかしながら、来年のリベンジ確定でありますw


【ブラウン編】
昨年・一昨年と、増水でなかなかチャレンジ出来なかった渓。
今年は釣行自体見送るつもりだったのですが、帰省中に空き時間が出来たので、急遽行っちゃいました!
e0212759_21431661.jpg

人気河川?でもあるので、それなりにシビアな状況ではありましたが、アプローチに多少気を使いさえすれば、3Xのティペットに#8のビックドライでも反応は上々。さすが北海道w
1尾目こそ、予想に反して34cmのいいアメマスでしたが、
e0212759_2215776.jpg

その後は期待通り、
e0212759_21543872.jpg

e0212759_21554464.jpg

e0212759_21562316.jpg

e0212759_21575384.jpg

41cmを筆頭に、アベレージ尺前後の綺麗なブラウンに遊んでもらいました!

ただ悔しいことに、ここでもロクマル近いブラウンを痛恨のラインブレイク…。ヒット地点から50mくらい下流まで引きずられたあげく、フライ近くの3Xナイロンがプッツリでした。何度も魚体を目視し、鼻曲がりのカッコいい個体だったことを確認していただけに……。
ということで、こちらの渓もリベンジ確定でございますw



【総括】
今回の帰省釣行は、もう大満足でした!
来年は、2X以上のティペットを持って行くことにしますがw
e0212759_2281775.jpg

[PR]
Commented by russpeak at 2015-08-13 23:06
アメマス、ニジマス、ブラウン、そのコンディションとサイズ…なんて羨ましい釣りをされているんでしょう。
特にあのブラウンの金色具合がたまりません^^;
自然繁殖物のニジマスやブラウンは今でこそ彼方此方でうわさを聞きますが30年前は極一部でひっそりと棲息してるだけで釣るのに苦労したものです。
リベンジ用のティペットはフロロですがシーガーグランドマックスFXをお勧めします。



Commented by takeiwana at 2015-08-14 08:12
北海道の凄さを改めて経験できました。
ニジマスやブラウンの自然繁殖は、北海道では少し問題になっていますが、釣り人目線の勝手な意見としては、是非とも現状維持でお願いしたいものです(^^;

グランドマックスFX、噂には聞いてましたが……やはり良いですか?早速使ってみます(*´ω`*)
by takeiwana | 2015-08-13 22:08 | Stream | Comments(2)