FF-scholar 元渓流魚の研究者によるヘタクソFFblogです。

また山梨!

早速の山梨リベンジです!
e0212759_2371695.jpg

本当は伊豆再訪を考えていましたが、思いのほか天候が悪い(=晴れ)ようだったので、直前でこちらに変更です!




この1週間かなり暖かかったこともあり、
周囲の山肌の雪はほとんど解け、また朝の水温も1℃あがっておりました。

カディスが多いのは先週と変わりありませんが、コカゲやシロハラも目立つようになってきました。
e0212759_23144569.jpg


この日、若干量のオオクマが飛び出したのは、11時半ころ。
その少し前から、そのプールの1級ポイントでライズが始まりましたが、明らかに小型魚・・・
30分程待ちましたが、相変わらずマトモなサイズが動く気配はありませんでした。


実は、昼過ぎまで待ってライズに巡り会わなければ、ニンフに変更しようと思ってました。
が、タイミングが悪いことに強風が吹き始め、インジケーター付きのLDLシステムのオーバーヘッドキャストは極めて困難な状況に。。。

そこで、アンダーハンドキャストでウェットの釣り下がりに変更。すると、
e0212759_23274616.jpg

何とかボは回避。。。

別のランに移動後、同様に釣り下り始めた時、微かなアタリがあるも乗らない状況がありました。
最下流まで釣り下ったところで、先ほどの微かなアタリが気になり始めたので、もう一度上流へ移動し、フライチェンジしてアタリのあったポイントへフライを送り込みます。フライがスイングし、大きめの沈み石の前を通過する時、、、グン!!!という食い込みから、激しいローリング!、そして銀色にきらめく漁体!!
e0212759_23401258.jpg

e0212759_2341184.jpg

ヤマメと思いきや、赤い尾びれと若干の朱点。8.5寸のアマゴでした。
e0212759_23551856.jpg

ストマックはマダラ系のニンフのみ。もう少しは水面を流れる虫にも、興味を持って欲しいもんですw


この後、別ポイントへ移動中、何気なく護岸の上から水面をみると・・・
e0212759_23432629.jpg

推定40cmの魚影!!!
ラインシステムを替えて、気合い満々で対岸に移動してみると、そのプールは地元の子供達の石投げ遊び場になっておりました・・・orz


とりあえずいい魚をキャッチできたのは良かったですが、次こそは、いいライズとじっくり対峙したいです!
[PR]
by takeiwana | 2014-03-30 23:52 | Stream