FF-scholar 元渓流魚の研究者によるヘタクソFFblogです。

Salty day !!

2年ぶりに相模湾のシイラフィッシング!!
相変わらず海用タックルは持ってないので,今年も上司にお借りし・・・
e0212759_21121638.jpg

何でも今年はマグロが好調とのことでしたが、さすがにフライでは簡単に釣れるモンじゃないと思っており・・・





初めのポイントで、早速7〜80cmのオスをキャッチ!
e0212759_21323693.jpg


この後もポチポチ当たりはあるのですが、デシーバーを食いきれないようなチビばかり。
下を覗くと明らかなメーターオーバーもウヨウヨしてましたが、やっぱりデカイのはスレてる様子。


その頃、無線で釣り船仲間とやり取りしていた船長が一言。
「マグロでも行ってみっか〜!」 
それからはボイルを探して突撃を繰り返し、ルアーの方1人はどうにか1尾をキャッチしたものの、
その他のルアーマン&フライはやはり・・・

しかし!!
しばらくすると船長が、特大の鳥山&たくさんのボイルを発見!!!
フライでも届く範囲でボイルが繰り返されると期待は高まり、、、
e0212759_21554855.jpg

何とヒット!!
僅か数秒でバッキングラインまで引き出され、その後も走る走る!!!!
15分くらいのやり取りでどうにか水面まで引き上げると、ルアーマンのラインと僕のリーダーがクロスしていました。。
ルアーのラインが魚の口元のフライにかかってしまうと簡単にフックoffしてしまうので、
船長がルアーマンに怒鳴りながらラインを緩めるよう指示するのですが、その方は従ってくれなかったようで・・・

ラインがフックにかかった瞬間、僕のマグロはゆっくりと深海に戻って行きました・・・・涙
もう、あと10年はマグロをキャッチできるチャンスは無いことでしょうね。。。はぁ。

さてその後は気を取り直し、
e0212759_2262655.jpg

e0212759_2261635.jpg

上司のマグロ初キャッチを見守り、、最後のチャンスだったポイントでは、
e0212759_2275153.jpg

何故かシイラをキャッチしてしまい、終了時間に。
マグロの引きを味わったあとですから、シイラの引きでさえ弱く感じる有様でした。。。

渓流と違って豪快なフライフィッシングも、たまには良いもんですな。


ちなみにキハダは釣った翌日が美味いとのことだったので、
e0212759_22152516.jpg

刺身&漬け丼&カツで堪能させて頂きました。激ウマです!!!
[PR]
by takeiwana | 2013-08-04 22:17 | Salt&Other