FF-scholar 元渓流魚の研究者によるヘタクソFFblogです。

伊那谷釣行!!

入社した年の夏休み以来、2度目の往訪となった伊那谷!
しかも今回は釣りメイン!!!のはずでしたが・・・いきなり観光からスタートwww
e0212759_2319403.jpg


急斜面の尾根に広がるこの集落は、“日本のチロル”こと下栗の里
一度来てみたかったんですが、まさに圧巻の眺め!!!
知る人ぞ知る、、、という感じの観光地ですが、これは一見の価値ありですね。。。





さて朝イチの観光で少々ぐったりしながらも、目的の渓へ移動していると、何と林道が通行止め!
そういえば奥鬼怒もそうでしたが、昨年秋&今年春の豪雨はこちらの林道に被害をもたらしたようです・・・

で、しょうがなく中流域に入り、
e0212759_23404954.jpg
(Photo by ryo-G)

雰囲気は抜群なんですがイマイチ渓魚のご機嫌が悪く、チビが#12のEHCをつつきに来るのみ。。。

そこで、渓のほとりで気持ちよ〜く昼飯を食った後に、退渓を決意。
というのも、やはりこのエリアで釣るべき渓魚はヤマトイワナ(Salvelinus leucomaenis japonicus)なので
それっぽいエリアへの移動を試みたのです。。。


で、次の渓はかなり小規模だったこともあり、
狙いやすいプールは基本的に友人(ルアー)に先行してもらっていたのですが、
ルアーチェンジ?の際に私がいい感じのプールで先行させてもらうことに。

そこで、いい感じの流れにフライを着水させ2m程流した所で、フライが飛沫と共に消え、、!!
e0212759_23565332.jpg

放流由来だと思いますが、綺麗なニッコウイワナ(Salvelinus leucomaenis pluvius)に出会えました!
ドライフライに出る瞬間を偶然目撃した友人にとっては衝撃的だったらしく、
思いのほか興奮した姿を見ると、こちらとしても釣った甲斐があったってもんです〜!!!

しかしここで怪し〜い雲が出て来たこともあり、里近くの渓へ移動しましたが、
選んだ場所が良く無かったのか、イブニングは何事も無く終了。。。


で、翌日は朝イチから前日とは異なる渓へ。
前日7cmくらいのアマゴをオートリリースしたのみだった友人には、何としても釣ってもらうべく、
水量があってルアーでも狙いやすい本流は友人に譲り、私は分流を釣り上がります。

すると間もなく友人の遠吠え(笑)が聞こえ、
e0212759_014892.jpg
(Photo by ryo-G)

初めての渓流ルアーらしいですが、意外と狙いやキャストが良かったので、
時間とエリアの問題だとは思っていましたが・・・彼も私も一安心。。。

しかし後が続かないまま終点の堰堤まで来たので一旦退渓し、
あるジンクスに沿って新たな入渓場所へ移動。

やはりジンクス通り(笑)、このエリアは反応が良い物の中々フッキングには至らず・・・
こうなったらもう、とにかく意識的な超ゆっくりアワセ、、イメージとしては、
「あ、魚出て来た〜」「食った〜」「沈んで見えなくなったなぁ〜」「んじゃアワセるかぁ〜」くらいww
で!!!
e0212759_025545.jpg

e0212759_026135.jpg
(Photo by ryo-G)

白斑点の一切ない、純血ヤマトイワナとご対面できちゃいました!!!
もはや諦めかけていましたが、、、鮮やかな朱点に癒され、二人で大撮影会でしたw

しかしその後は、放流地点が近かったのか、アマゴの連続。
e0212759_033921.jpg
(Photo by ryo-G)

e0212759_0332739.jpg

それでも終始飽きない程度に反応があり、また大きな宿題も残してしまい・・・w
とにかく大満足の伊那谷釣行になりました!!!


P.S.あくまで非公式記録ですが、
e0212759_0373994.jpg
(Photo by ryo-G)

41cmのオバケイワナまでゲットできちゃいました・・・
[PR]
by takeiwana | 2012-09-04 00:38 | Stream