FF-scholar 元渓流魚の研究者によるヘタクソFFblogです。

'12北海道釣行!

今年の夏休みも、北海道の帰省釣行へ!!
e0212759_23214740.jpg

LCC登場のおかげで、北海道も近く安くなったモンです。。。





今回の目的の一つは、オショロコマ(Salvelinus malma malma)を釣ること!!

国内では北海道の一部にしか生息していないイワナの亜種で、知床あたりでは一般的な渓流魚なのですが、
実家のある札幌近辺にはほとんど生息していない為、実はまだ釣ったことがありませんでした・・・
で、空港から一路生息エリアを目指し、目を付けていた日高山脈の渓へ。
e0212759_23332461.jpg

初めて訪れた渓でしたが、雰囲気は抜群ですね。
もちろん渓魚の反応も抜群で、
e0212759_2338252.jpg

10〜35cmまでのレインボーが入れ食い状態に!!!
淵1カ所で4〜5尾は釣れるような状況で、僅か1.5時間で30尾オーバー。管釣り以上です(笑)
(但しホウライマス系ですので、過去に放流されたものが自然繁殖し続けているものと思われます)

しかし、とにかくレインボーの魚影は濃すぎて、肝心のオショロコマには出会えず・・・
そこで、今年は出没が多いと聞くクマさんに怯えつつも、
ニジマスが侵食していないであろう最上流部へ移動してみると、、
e0212759_2353152.jpg

オショロコマの楽園が存在してました!!
型こそイマイチでしたが、これまた入れ食い状態で、キレイな魚体に大満足でした〜


で、後日は毎年恒例の羊蹄山周辺へ。
e0212759_23565734.jpg

今年もお気に入りの小渓へ足を運び、
e0212759_23581624.jpg

e0212759_23595425.jpg

e0212759_23583150.jpg

た〜くさんのヤマメとアメマスに癒してもらえました!
ただやっぱりクマが恐くてあまり深追いはしなかったので、満足できるサイズのアメマスには出会えず・・・

で、夕マズメには本流スペイで北海道らしいレインボーを!!
と思っていたのですが、中流以下は数日前の雨の影響でドロ濁り・・・
しょうがなくやや上流のエリアに入渓し、
e0212759_06448.jpg

e0212759_061644.jpg

チビレインボーとエゾウグイの猛攻に逢い、大型トラウトからのコンタクトは一切ないまま終了。。。
e0212759_075296.jpg

今年は数には恵まれたものの、サイズがイマイチ&ブラウンの顔を見ることが出来ませんでした。
さて来年はどんな計画を組もうか・・・w
[PR]
by takeiwana | 2012-08-30 00:10 | Stream | Comments(0)