FF-scholar 元渓流魚の研究者によるヘタクソFFblogです。

'11北海道釣行–後半戦

後半戦は道南が舞台です!
が、まずその前に家族で親戚巡り&墓参り。
e0212759_2050082.jpg

道南の日本海。
晴天ならもっと綺麗なんですが、この日も生憎の空模様で・・・





当日は日帰り予定だったこともあり、
釣りを出来るのはせいぜい2〜3時間程度です。

さて道南と言えば小渓のでっかいイワナ!ですが、
前日にたっぷり釣った満足感もあったので、今回は敢えて茶鱒川へ。。。
e0212759_211635.jpg

私に与えられた時間は、両親が温泉に行って戻ってくる迄の、正味1時間半。
まずは15ftのリーダーに#10EHカディスを直結し、護岸の際を流すこと数回目、
フラットな水面が大きく割れると同時に確かな手応えがあり、、
e0212759_2117254.jpg

尺ゲット・・・やっぱりココは茶鱒の川なんだな、と改めて確認。

あとは北海道らしいサイズが出れば文句無し!!
ということで、、、
e0212759_21203296.jpg

いわゆるビックドライにフライチェンジ(笑)

しかしその後、チビブラウン&チビヤマメがフライを突っつくのみで、いいサイズの反応はまるで無し。
おまけにアブの猛攻で集中力が途切れ気味となり、水深のある瀬に不用意に近づいてしまったところ、
相当なサイズの魚影が走って行くのを目撃(涙)

改めて気を引き締め、こんな小さな流れでも丹念にフライ先行で流し、
プカプカと浮きながら流れるでっかいフライを凝視していました。
e0212759_21311751.jpg

すると突然、、、
まるでスローモーションを見ているかのように魚の鼻先が現れ、ゆっくりとフライを銜えました!
そこからはもう、無我夢中で魚と一緒に渓を走りまわりました(笑)

で、、どーん!!!
e0212759_21424970.jpg

どどーん!!!
e0212759_21432620.jpg

北海道ってすごいんですね(笑)サイズは43cmでした。

この日はココでtimeUPでしたが、どうせならDHでこのくらいのサイズが釣りたいと思い、
北海道最終日は空港近くでDHを振ることに。。
e0212759_21572770.jpg

ここは約10年前は深い瀬となっていて、40UPの群れが見えた場所だったんですが、、、
やっぱり浅くなっていて、ちびブラウン数尾と、コイツのみ(笑)
e0212759_21592714.jpg

しかしまぁ、ヤマメ・イワナ・ブラウン・ニジ・ウグイとキャッチしましたので、北海道五目釣り達成です。
オショロコマ狙いの釣行を計画しなかったことを後悔したことは、言う迄もありませんが(笑)


北海道、、、また来年もいい思いをさせてくれることを願いつつ・・・
e0212759_2218954.jpg

[PR]
by takeiwana | 2011-08-26 22:21 | Stream | Comments(0)